至陰というツボ

トータル・ママサポート鍼灸院の院長 足立です。

「お役立ちのツボ」第3回は至陰(しいん)というツボを紹介します。

至陰(しいん)は三陰交と同じく逆子のお灸に用いられるツボとして有名です。

至陰の見つけかた

至陰は足の小指の尖端にあります。

至陰は「小指の爪の付け根の外側をとれ」と言われ、足首から膝に向かって指を横にして3~4本分の位置だと言われています。

至陰の効き目

至陰の代表的な効能を以下に紹介します。

 逆子の治療に使われます

 頭痛や鼻詰まり、目の疾患にも用いられることがあります

至陰といえば、逆子の治療に用いられることがよく知られています。

専門的には、至陰は足太陽膀胱経に属するツボであり、この膀胱経は腰部臀部を通ります。
また、膀胱は子宮とお隣さんなので「膀胱を介して子宮を温めるのだ」と師匠から教えていただいたことがあります。

いずれにせよ、冷えの影響を強く受けている人には至陰のお灸が適しています。

至陰への刺激法

指先に位置する至陰には鍼治療をすることは少ないといえます。

ですの至陰への刺激はお灸がほとんどです。

三陰交の記事と同じく温灸と呼ばれるタイプのお灸がおススメ。
小指の尖端にあるため、温灸を貼り付けにくい…と思うかもしれませんが、写真のように至陰への温灸は可能です。

また足の小指は冷えが強く、お灸の熱を感じにくいことが多いです。
全く熱さを感じない場合は、2度3度とお灸を繰り返すことをお勧めします。

温灸はお近くの鍼灸院でお買い求めください。
また、その際は鍼灸師による診断を受けた上で、お灸ケアを行うことを推奨します。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。