5月の連休は岡山に行ってきました!

院長の足立です。

5月の連休を利用して、岡山~倉敷に旅行してきました。旅行の目的は、観光半分・お見舞いと治療半分です。岡山には私の大先輩が脳梗塞により療養生活を過ごされています。

以前(2023年7月)にもお見舞い・鍼治療に行ったことがあるので、今回は2回目。
正直いうと『もしかすると、ずい分と日にちが経っているので、悪くなっているのかも。。。』と、不安な気持ちでお見舞いに行ったのです。
しかし、実際に脈を診て、頸(くび)や背中をみると、、、

『おやっ!?前回みたときよりもずいぶんと柔らかい筋肉』
『あれだけ硬かった筋肉が緩んでいるし』
『左右差も大幅に改善している…』
との変化に気づきました。


写真:脳梗塞の麻痺側の足の血色もずいぶんと良い。

また、実際に鍼をするとビフォーアフターも顕著です。
脳梗塞による麻痺側の手の動きも、実に柔らかくグッパー・グッパーができます。
また目の輝き・表情の豊かさも明らかに増しています。

このような変化は、先輩のお母様も同席されているので、声に出して驚いてくれていました。

このような治療の変化がキレイに起こるのも、理由があったのです。
お母様から聞くところによると、岡山に住むH先生(私にとっては後輩にあたる鍼灸師の先生)が、
そして、広島に住むK先生(私にとっては先輩にあたる鍼灸師の先生)が、それぞれ週に1回、月に1回と訪問治療に来てくださっているとのこと。

この毎月・毎週の不断の努力のおかげで、鍼治療のビフォーアフターに劇的な変化が確認できるようになっていると思われます。もちろん他の先生もお見舞いに来ては、それぞれ得意な治療を施術していかれるそうです。
岡山のH先生は、そんなお見舞い&治療に来られる先生たちのために、共通のカルテを用意してくれています。そんなH先生の配慮にも心から感謝するとともに、鍼灸師同士の助け合いに嬉しくなった次第です。


写真:田園風景の中にある総社市の国分寺五重塔

他にも滋賀県から、遠くは北海道からもお見舞いに駆けつけてくれる人たちがいる…、そんな先輩の人徳を改めて思った岡山行でした。

院長 足立繁久

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。