足立鍼灸治療院に海外研修生が!from スイス

小児はり学会会長の井上先生から、スイスから来た助産師さんに日本の小児はりをレクチャーしてほしい…とのご依頼をいただきました。井上先生とのご縁は、去年(2023年)秋に日本伝統鍼灸学会の発表の際に座長を担当していただいた先生です。(『日本伝統鍼灸学会で「ママサポート鍼灸」を発表してきました』の記事を参照のこと)

『日本の小児はりを学びたい!』という熱い想いを抱き、スイスから海を越えて日本に来られる助産師さん、その名をChantal(シャンタル)先生といいます。すでにスイスにて中医学を学んでいるとのこと。

当院にて半日、小児はりの理論紹介と実技指導を行いました。実際に小児用の鍼道具のいくつかを手に取って、通訳の先生や井上先生相手に実技練習。


写真:シャンタル先生が手にしているのは調氣鍼。手足や背中にもしますが、頭髪にするのもよく効きます。

シャンタル先生は助産師さんですので、おそらくは新生児や乳児といった生後間もない頃のお子さんを診る機会が多いだろうと、その状況に適した技術指導を心掛けました。

シャンタル先生の熱心さにうたれて、当初の予定を超えて約3時間、みっちり指導レクチャーさせていただきました。

通訳のH先生を介して、次のようなメールをいただきました。

本日はお忙しい中、貴重なご講義を誠にありがとうございました。
Chantalさんは本当に喜んでいらっしゃいました。
理論と実技、丁寧なご指導、と本当に勉強になった。と帰りの電車の中でおっしゃておりました。ぜひ、スイスに帰っても忘れないように、継続して先生から教わったことを実践していきたいとの事です。

合間にお茶の時間も設けていただき、和やかな雰囲気で質問や雑談もできましたこと、非常に有益な一日となったようです。奥様にも細やかなお気遣いを賜り、感謝いたします。

通訳という立場ではありましたが、私自身も沢山の学びがありました。

また紹介してくれた小児はり学会の井上先生からも嬉しいメールをいただきました。

昨日はChantalさんに長時間の講義と実技指導を有難うございました。

彼女は先生の実技に感銘を受けたようで、さっそく鍼道具を購入することになりました。

私は先生の治療室で、実技の患者役として治療を受けたおかげで、疲れがすっかり取れました。

足立先生の講義と実技指導は深く、それでいてとてもわかりやすく、感銘を受けました。有難うございました。心より感謝申し上げます。

スイスでも小児はりが広まると嬉しいですね。

写真:右から小児はり学会会長の井上悦子先生、Chantal先生、足立夫妻。

講座の終了後は皆さんで記念撮影。シャンタル先生のスイスでの小児はり実践とご活躍を約束してお別れとなりました。

私が思っている以上に、海外の人たちは日本の鍼灸に熱い視線を送っているようです。足立鍼灸治療院に海外研修生が来られるのも、これで二度目。前回は2019年のときでした。(『足立鍼灸治療院に海外研修生が!from USA』の記事をご覧ください)
そして、そのような方々は学ぶ意欲・情熱が素晴らしいのです。日本人鍼灸師も負けていられませんね!

院長 足立繁久

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。