大阪大学の先進融合医学が主宰する合宿にて!

インチョーこと足立繁久です。

先日のお盆前の3日間(8/10~12)、長野県上田市の鹿鳴荘にて、大阪大学の先進融合医学共同研究講座が主宰する合宿に参加してきました。この先進融合医学共同研究講座とは、私の勤務先でもあります。
※インチョーは週一回(木曜日)に、阪大病院の漢方鍼灸外来にて鍼治療をしているのです

漢方医の先生を中心に、薬剤師・鍼灸師の先生が集まり、合宿という名の通り“朝から晩まで勉強”する2泊3日の旅でした。
2日目は《午前講義》・昼食・《午後講義》・夕食&入浴・《夜講義》と、本当に朝起きてから寝るまで、勉強漬けの合宿でした。やはりドクターの先生たちは勉強に対する脳みその耐久性が違うんだな~…と、しみじみ思ったものです。

さて、私はこの合宿で2つの講義を担当してきました。

1日目の「鍼灸脈診」と「脈診実技」(脈診実技は板倉先生と共同担当)
2日目の「鍼灸による気の昇降」と「鍼刺激・鍼治療による脈診の変化」です。


写真:2日目講義「鍼灸による気の昇降」の発表シーン

この講座では、発表あり・鍼治療実技あり…とけっこう盛りだくさんの内容で進行しました。ドクターの先生方の多くが鍼治療に興味をもって受講していただけたのが嬉しかったですね。


写真:最後に参加者みんなで記念撮影。前列が講師陣。足立は写真右端。

 

足立繁久

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。